PROFILE

松本茂高  Shigetaka Matsumoto

1973年神奈川県生まれ。21歳の時に初めて訪れたアラスカの原野に圧倒され、現在もアラスカを中心とした旅を続けている。
ニコンサロン新宿、モンベル、コニカミノルタプラザ新宿、山梨県北杜市津金学校などで個展を開催。




2017年8月11日金曜日

Gentle time

ブラックベアの親子



1999年8月 アラスカ太平洋沿岸部の森

熊の親子は森から出てきてしばらくの間、無数に遡上しているサケを苦労することなく捕まえてお腹を満たし、母熊は周囲をよく見渡せる大きな石の上に移動しておもむろに子熊たちに乳を与えた。

僕自身といえば、その川の対岸でその親子熊が森から現れた時からじっと静かに観察をしていたが、母熊は最初に少し警戒しただけで、その後は特に気にかけることなく自然な振る舞いを見せていた。でもまさか、一番無防備な授乳している姿を見せてくれるとは思いもしなかった。その光景に感動と喜びで胸が熱くなった記憶が今も色あせずに僕の胸にしっかりと残っている。

ちょうど18年前の8月の出来事。



The bear's nursing scene
The moment when my dream came true
Southeast Alaska, Aug 1999


無数に遡上する鮭。森と海の豊かさの象徴。


Going up stream of salomon



My camp in the deep forest

2017年7月30日日曜日

2017年7月26日水曜日

夏の尾瀬

Paradise of the water



ふとした瞬間に気付く薫り立つ夏草の匂い。
夏の思い出。


























2017年7月25日火曜日

尾瀬 夏夕空

The summer evening sky



夏の夕空、香り立つ草の匂い。
過ぎ去りゆく今日を振り返り、明日に想いを馳せる。











2017年7月23日日曜日

Morning dew

朝露


まだ星が瞬く暗さの中を尾瀬ヶ原の湿原へと足を運ぶ。しばらくヘッドランプの明かりを頼りに恐る恐る木道を歩いて行く。薄明と共に発生した霧が辺りを包み込み、遠くはよく見渡せない。やがてモノクロームの幻想的な風景が一変し、燧ケ岳が霧の上に高く聳え立った姿を現した。


朝を迎え、鳥たちのさえずりが静かな湿原に響き渡る。















2017年7月22日土曜日

草の海の中の小さな島

Small island in the sea of grass



湿原の草の中でポツンと一輪だけ咲いていたニッコウキスゲの花。
その姿はあたかも草の海の中にポツンと浮かぶ小さな島のよう。







未の刻(午後2時)に花を開くと考えられていたヒツジグサ。




2017年7月21日金曜日

薄明と朝霧と湿原

Twilight / Morning / High-Moor



霧にけぶる高層湿原。
朝霧が尾瀬ヶ原を覆い、辺りを抽象的な世界に昇華させてゆく。

Oze, Hinoemata Fukushima  Japan  2017/ 07/20